マイページ

ATPニュース

【速報】錦織が3時間近いタフマッチを制し3回戦へ。世界59位ベデネに連勝[ATP1000 マイアミ]

「ATP500 ドバイ」での錦織圭

現地27日の「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月24日~4月4日/ハードコート)大会4日目。男子シングルス2回戦で、第28シード錦織圭(日本/日清食品)が世界59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)と対戦。錦織は7-6(6)、5-7、6-4で勝利し、3回戦へ進出した。試合時間は2時間50分。

第1セットは2度ブレークされながらもタイブレークを制したものの、第2セットは最後にミスが集中し落とした錦織。一方のベデネは怪我を抱えているようで途中2度ドクターと話していたが、プレーを続けている。第3セットはベデネのサービスゲームからスタート。


錦織は第3ゲームでチャンスを作るが、ベデネの好サーブに阻まれる。第5ゲームでもデュースまで追い上げるがブレークはならず。だが第7ゲームでもデュースからチャンスを作ると、ネット際の攻防を制しブレークに成功。続く第8ゲームをラブゲームキープし、ゲームカウント5-3へ。


そして第10ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチをしっかりとキープし、3回戦進出を果たした。


勝利した錦織は3回戦で、第2シードステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは世界126位ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-1、6-4で破っての勝ち上がり。


また錦織は同日にグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とのペアでダブルスにも出場予定だったが、欠場を選択した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ドバイ」での錦織圭
(Photo by Francois Nel/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu