マイページ

ATPニュース

【速報】錦織が接戦の末第1セットを先取。世界59位ベデネとの2回戦[ATP1000 マイアミ]

「ATP500 ドバイ」での錦織圭

現地27日の「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月24日~4月4日/ハードコート)大会4日目。男子シングルス2回戦で、第28シード錦織圭(日本/日清食品)が世界59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)と対戦。錦織が第1セットを7-6(6)で先取した。

両者は前週開催の「ATP500 ドバイ」3回戦で初対戦し、その時は錦織が6-4 、6-4のストレートで勝利している。ベデネは今大会1回戦で、予選勝者の世界178位トーマス・ファビアーノ(イタリア)を破っての勝ち上がり。一方の錦織はシードのため1回戦は免除で、この試合が初戦となる。


試合は錦織のサービスゲームからスタート。その立ち上がりでブレークポイントを握られると、バックハンドウィナーを決められ、いきなりリードされる。だが続く第2ゲームではしっかりロングラリーを制し、ラブゲームブレークバック


第3ゲームでもピンチとなったがサーブのフリーポイントでしのぎ切る。その後両者キープが続いたが、ゲームカウント5-5で迎えた第11ゲームで錦織がブレークポイントを握られると、ショットがロングになってしまい、ブレークされる。


それでも続くベデネのサービング・フォー・ザ・セットで2本のダブルフォルトがあったこともあり、再度ブレークバック。第1セットはタイブレークへ。このタイブレークを制し、錦織が第1セットを奪った。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ドバイ」での錦織圭
(Photo by Francois Nel/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu