マイページ

ATPニュース

錦織「しぶとくプレーできた」。ビッグサーバーを得意のリターンで攻略

「ATP500 ドバイ」での錦織圭

14日の「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/3月14日~3月20日/ハードコート)男子シングルス1回戦で、世界40位の錦織圭(日本/日清食品)が世界39位ライリー・オペルカ(アメリカ)を3-6、6-3、6-4で下した。その錦織はオンコートインタビューで「しぶとくプレーできた」と語った。

相手のオペルカは身長211cmの巨体から繰り出すビッグサーブが大きな特長。スピードはもちろん、バウンド後に高く跳ね上がるキックサーブはリターンがしづらい。今大会のコートは球足が速くて高く跳ねるため、オペルカのサーブがよく活き、錦織も苦戦。


それでも第2セット以降はよくリターンし、少ないチャンスをものにして逆転勝利した。


錦織はオンコートインタビューで「1セット目はすごくラリーも少なかったですし、サーブもなかなか読めなかったので、かなり苦労はしましたね。ちょっとずつサーブも読めるようになって、リターンできるようになったので、大事なところでしっかりリターンを入れて、しぶとくプレーできたかなと思います」と振り返っている。


錦織の2回戦の相手は第5シードダビド・ゴファン(ベルギー)。二人の過去の対戦成績は錦織の3勝0敗だが、約6年ぶりの対戦となる。錦織は勝ち越しているものの、ゴファンは現在世界14位で、2月下旬の「ATP250 モンペリエ」で約3年半ぶりの優勝を果たしたばかりと自信をつけている。


そのゴファンとの対戦については「仲の良い選手でお互いのプレーも似てるというか、長いラリー戦にはなると思います。その中でこのコートの速さを活かしたプレーがもうちょっとできたらなと思います」と語った。


また今大会には世界59位の西岡良仁(日本/ミキハウス)も出場したが、1回戦で世界44位アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)に4-6、6(4)-7で敗れた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ドバイ」での錦織圭
(Photo by Francois Nel/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu