マイページ

ATPニュース

ペールが自嘲?生涯獲得賞金約9億円に「クズでも金は稼げる」

写真は「ATP250ブエノスアイレス」でのペール

先週「ATP250 ブエノスアイレス」で審判の判定に激高し、コートに唾を吐いたあげく相手のマッチポイントでまったくやる気のないダブルフォールトを犯してさんざんに批判を浴びたブノワ・ペール(フランス)。そのペールがSNSに自嘲ともとれる皮肉な投稿をした。英Express紙が報じている。

ペールはFrancisco Cerundolo(アルゼンチン)に敗れたその試合で、コートに唾を吐いたことで2度警告を受け、2度目にはポイントペナルティも取られていた。さらに第3セット1-5で、いかにもやる気のないダブルフォールトを2回続け、6-4、3-6、1-6で敗れた。


その後ペールはTwitterに、Cerundolo戦の結果が反映される前の自分のシングルスでの通算成績(225勝243敗、優勝3回)と、シングルスとダブルスを合わせた生涯獲得賞金850万5886ドル(約9億2289万円)のスクリーンショットに「結局、クズでも金は稼げる(キスの顔文字と中指を立てた絵文字)」とコメントを付けて投稿。


この大会でペールは第3シードだったが、第2セット0-2とリードされて迎えた第3ゲームで、相手がセンターライン際に打ったサーブをエースと判定されてブチ切れたのだった。


ペールは過去に何度も審判への暴言、唾吐き、ラケット破壊などで批判され、高額な罰金を科されている。先月の「全豪オープン」では14日間完全隔離の憂き目に遭い、主催者のやり方を汚い言葉で罵っていた。


※為替レートは2021年3月11日時点


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250ブエノスアイレス」でのペール
(Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu