マイページ

ATPニュース

【速報】錦織が約1年8ヶ月ぶりのツアーベスト8進出。手術前に敗れたデミノーにリベンジ果たす

「ATP500 ロッテルダム」での錦織

3日の「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/3月1日~3月7日/室内ハードコート)大会3日目。男子シングルス2回戦で、世界45位の錦織圭(日本/日清食品)が世界23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦。錦織が6-3、2-6、7-5で勝利し、約1年8ヶ月ぶりにツアーベスト8進出を果たした。

第1セットでは好スタートを切ったものの、第2セットは押し返された錦織。試合が決する第3セットは錦織のサービスゲームからスタート。


第1ゲームから錦織は長いデュースの攻防を強いられたが、7分かかったもののキープ。すると第2ゲームで15-40のチャンスを作り、強烈なショットでデミノーのボレーを阻止して先にブレークに成功。第3ゲームをラブゲームでリズム良くキープし、ゲームカウント3-0とリードを作る。


第5ゲームではデミノーを振り回してからドロップショットを決めるなど、錦織は冷静なプレーを再度見せた。第7ゲームでは0-40と大ピンチとなったが、合計4本のブレークポイントをしのいでキープ。


だがサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームで、マッチポイントを握りながらもブレークバックを喫する。それでも第12ゲームで再度ブレークを奪い勝利を掴んだ。


錦織は2019年「全米オープン」3回戦でデミノーにセットカウント1-3で敗れ、その試合を最後にその後右肘の手術を受けツアーを離脱していた。今回の対戦でリベンジを果たし、復活を更に印象付けた。


また錦織のツアーベスト8進出は2019年7月の「ウィンブルドン」以来、約1年8ヶ月ぶりとなる。


勝利した錦織は準々決勝で、世界27位ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)対世界26位ボルナ・チョリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」での錦織圭
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu