マイページ

ATPニュース

メドベージェフ、ズベレフが初戦敗退の波乱。錦織出場の「ATP500 ロッテルダム」

「ATP500 ロッテルダム」でのメドベージェフ

3日の「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/3月1日~3月7日/室内ハードコート)大会3日目。男子シングルス1回戦で、第1シードダニール・メドベージェフ(ロシア)と第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が敗れる波乱が起きた。

この日の第1試合でズベレフは、世界43位アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)と対戦。ズべレフは左肩にテーピングを貼っており、ダブルフォルトは0本だったものの、サービスエースも1本のみ。先週開催の「ATP250 シンガポール」で準優勝したブブリクに5-7、3-6で敗れた。


第2試合にはメドベージェフが登場。世界27位ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)と対戦したが、調子が上がらず。第2セット終盤でブレークされると、派手にラケット破壊を行い、警告でポイントを失うなどして、6(4)-7、4-6で敗れた。


そしてこれから行われる第3試合では、世界45位の錦織圭(日本/日清食品)が2回戦で世界23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」でのメドベージェフ
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu