マイページ

ATPニュース

【速報】錦織が第1セットを先取。過去0勝1敗のデミノーとの2回戦[ATP500 ロッテルダム]

「ATP500 ロッテルダム」での錦織

3日の「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/3月1日~3月7日/室内ハードコート)大会3日目。男子シングルス2回戦で、世界45位の錦織圭(日本/日清食品)が世界23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦。錦織が第1セットを6-3で先取した。

両者の過去の対戦成績は、錦織の0勝1敗。前回対戦したのは2019年「全米オープン」3回戦で、その時は錦織が2-6、4-6、6-2、3-6で敗れている。錦織はその試合で敗れた後、右肘の手術を受けツアーを離脱していた。今回の対戦でリベンジを果たし、さらに復活を印象付けられるか注目だ。


第1セットはデミノーのサービスゲームから始まった。両者サービスゲームをキープして迎えた第3ゲーム。錦織が15-40と先にチャンスをつかんだ。ラリーの末にデミノーのショットがサイドにわずかに逸れ、錦織がブレークに成功した。


錦織はブレーク直後の第4ゲームをキープし、追いつかせない。続く第5ゲームはデミノーにラブゲームでキープされ、リードを広げることができなかった。第6ゲームではデミノーにデュースまで持ち込まれたものの、焦ることなくキープし、チャンスを作らせない。


錦織は第7ゲームで40-0から一気にポイントを重ねてデュースまで持ち込んだが、ここはブレークポイントを握るまでは至らなかった。そしてゲームカウント5-3で迎えた第9ゲーム。またもチャンスをつかんだ錦織がデミノーのサービスゲームを破り、第1セットを先取した。


錦織は1回戦に続き、2回戦でも冷静でミスの少ないプレーを継続。第1セットはウィナー8本、アンフォーストエラーは6本だった。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」での錦織
(Photo by Henk Seppen/BSR Agency/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu