マイページ

ATPニュース

錦織圭が復活へ前進!5ヵ月ぶりの勝利試合で見せた好プレー4選

「ATP500 ロッテルダム」での錦織圭

1日の「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/3月1日~3月7日/ハードコート)男子シングルス1回戦で、世界45位の錦織圭(日本/日清食品)が、第7シードの世界19位フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を7-6(4)、6-1のストレートで撃破。今シーズン初勝利をあげた。錦織がこの試合で見せた好プレーをTennis TVもInstagramでピックアップし、「素晴らしいパフォーマンスだ」として紹介している。

錦織はこの試合、序盤こそサービスキープに苦労するも、最終的にファーストサーブポイント獲得率は85%を記録。第1セットではチャンスを作れなかったがタイブレークを奪取。第2セットでは序盤でオジェ アリアシムが右足の付け根を痛めたが、錦織は冷静でしっかりとしたプレーを継続。復活へ向け大きく前進する勝利となった。


錦織の勝利は、昨年の「全仏オープン」1回戦以来、約5ヶ月ぶり。そして嬉しい今シーズン初勝利だ。またトップ20からの勝利は、2019年1月の「ATP250 ブリスベン」決勝で当時世界16位のダニール・メドベージェフ(ロシア)を破って以来、約2年2ヶ月ぶりとなった。


錦織らしいプレーを随所に見せて快勝したこの試合から、Tennis TVは4つの好プレーとマッチポイントの場面をピックアップして紹介している。紹介されている好プレーは以下の4つ。


1.相手の強力なサーブの勢いを利用したブロックリターンで、華麗なエース
2.ドロップショットで相手を前におびき寄せ、ボレーウィナー
3.サーブからの3球目攻撃で、流し打ちのバックハンドウィナー
4.サーブからの3球目攻撃で、伝家の宝刀のバックハンドのダウン・ザ・ライン


勝利した錦織は、大会2日目に行われる世界23位アレックス・デミノー(オーストラリア)と世界39位ジョン・ミルマン(オーストラリア)の同郷対決の勝者と2回戦で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」での錦織圭
(Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu