マイページ

ATPニュース

錦織、マクラクラン勉とペアを組みダブルスにも出場へ[ATP500 ロッテルダム]

錦織(左)とマクラクラン(右)

現地27日、3月1日開幕の「ATP500 ロッテルダム」の男子ダブルスのドローATP(男子プロテニス協会)公式サイトで発表。錦織圭(日本/日清食品)もマクラクラン勉(日本/イカイ)とペアを組んで出場し、1回戦で第3シードのヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ルーカシュ・クボト(ポーランド)と対戦することが決まった。

錦織がダブルスに出場するのは、西岡良仁(日本/ミキハウス)とのペアで挑んだ昨年9月の「ATP250 キッツビューエル」以来。最後のダブルス勝利は、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と組んで出場した2019年「ATP1000 マドリード」1回戦となっている。


またマクラクランとのペアは、2018年6月の「ATP500 ハレ」以来2度目。クールホフはダブルス世界8位、クボトは同11位タイと強敵だが、ペアとして初勝利を目指す。


錦織はもちろんシングルスにも出場予定。シングルス1回戦では第7シードフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦することが決まっている。


オジェ アリアシムはまだ20歳ながら、ツアーでの準優勝が7度という次世代のNo.1候補。今年は「ATP250 メルボルン2」で準優勝、「全豪オープン」でベスト16と、合計で7勝2敗と好調だ。両者は過去に1度、2019年「ATP500 バルセロナ」で対戦。その時は錦織が6-1、6-3で勝利している。


一方の錦織は0勝3敗と今シーズン未勝利。怪我での離脱が長くランキングを落としているため、1回戦からシード選手とのタフな戦いとなるが、今シーズン初勝利を狙う。


(テニスデイリー編集部)


※写真は錦織(左)とマクラクラン(右)
(Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu