マイページ

ATPニュース

錦織圭 「ATP500 ロッテルダム」初戦は20歳の次世代No.1候補と。今季初勝利狙う

「全豪オープン」での錦織圭

現地26日、3月1日開幕の「ATP500 ロッテルダム」のドローATP(男子プロテニス協会)公式サイトで発表。世界43位の錦織圭(日本/日清食品)は1回戦で、世界19位・第7シードフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦することが決まった。

オジェ アリアシムはまだ20歳ながら、ツアーでの準優勝が7度という次世代のNo.1候補。今年は「ATP250 メルボルン2」で準優勝、「全豪オープン」でベスト16と、合計で7勝2敗と好調だ。両者は過去に1度、2019年「ATP500 バルセロナ」で対戦。その時は錦織が6-1、6-3で勝利している。


一方の錦織は0勝3敗と今シーズン未勝利。「全豪オープン」1回戦敗退後には、「(復帰後)今までにないぐらい『勝てるんじゃないか』と思えるぐらいの出だしでした。そのぐらいボールを捉える感覚と、球筋と、色々良かった」「今日のプレーがもうちょっと良くなれば、(トップ10返り咲きが)できそうかなというのは若干見えてきました。復帰の道のりとしては悪くはないかなと思います」と語っていた。


怪我での離脱が長くランキングを落としているため、1回戦からシード選手とのタフな戦いとなるが、今シーズン初勝利を狙う。


錦織は勝利すれば2回戦では、世界23位アレックス・デミノー(オーストラリア)対世界39位ジョン・ミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。また準々決勝では、第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する可能性があるドローとなっている。


また今大会は欠場者が続出。世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)、世界10位マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、世界11位デニス・シャポバロフ(カナダ)、同大会2連覇中だった世界12位ガエル・モンフィス(フランス)らが予定を変更し、欠場となっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での錦織圭
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

■■■WOWOW番組情報■■■
■優勝記念特番 緊急開催!
2a41eba8-a181-41dd-88bd-c19f50c606a6.jpg

みんなで語ろう「大坂なおみ全豪優勝」
2/23(火・祝) 夜6:00頃より配信開始予定
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドで無料ライブ配信
出演:伊達公子、坂本正秀、工藤阿須加
WOWOWテニスワールドイベントページ: https://www.wowowtennisworld.thetennisdaily.jp/event/

みんなで語る!「大坂なおみ全豪優勝」
2/27(土) 夜8:00 [WOWOWプライム]
※上記ライブ配信の再編集版

※放送予定等の詳細はWOWOWテニスオフィシャルサイト、ツイッター等でもお知らせいたします。
WOWOWテニスオフィシャルサイト:https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
WOWOWテニスオフィシャルツイッター:@wowowtennis

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu