マイページ

ATPニュース

テニス界の「悪童」また審判と揉める...でも今回は彼が正しかった!?

写真は「ATP250メルボルン2」でのキリオス

派手なラケット破壊や暴言で「悪童」と呼ばれることもある、世界ランキング47位のニック・キリオス(オーストラリア)が、またも審判と揉め、試合を中断してスーパーバイザーがコートに呼ばれる事態となった。だが今度ばかりはキリオスの言い分は正しかったかもしれない。伊ニュースサイトUBI Tennisなど複数メディアが報じている。

それは現在行われている、「全豪オープン」前哨戦の一つ「ATP250 メルボルン2」(オーストラリア・メルボルン/2月1日~7日/ハードコート)2回戦でのことだった。Harry Bourchier(オーストラリア)との第2セットの途中で、キリオスがサーブのモーションに入ったところ、既定の30秒以内にサーブを行わなかったとして主審がタイムバイオレーションを宣告した。


驚いたキリオスは主審に言った。「今サーブしようとしてただろう。もうサーブのモーションに入ってたのに、何を言ってるんだ?やってられないよ」その後ベンチに向かい、スーパーバイザーを呼ぶよう要求した。


リプレイ動画を見ると、確かにショットクロックが残り0秒になる前に、キリオスはサーブのモーションに入っていたようなのに、主審がタイムバイオレーションをコールしている。


怒り心頭のキリオスはベンチから主審に文句を続けた。「冗談のつもりか?俺はサーブしようとしてたんだ。テニスの主役は審判だと思ってるのか?お客さんが審判を見に来るとでも?お前はエキストラだよ」


「(ウイルス感染防止策として)俺らは自分でタオルを取りに行って、置きに行かなきゃいけない。それでタイムバイオレーションだって?俺は規則通りにプレーしてたよ」


ともあれ、ほぼ1年ぶりに公式戦に出場しているキリオスは2回戦も勝利し、3回戦では世界25位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250メルボルン2」でのキリオス
(Photo by TPN/Getty Images)

錦織、大坂出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2/8(月)開幕!2021シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。2年ぶりの優勝を目指す大坂なおみ、完全復活を目指す錦織圭らの感動と興奮の試合を生中継でお伝えする。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu