マイページ

ATPニュース

ナダル 史上初のトップ10連続在位800週に到達。2005年から一度も陥落なし

2020年「全仏オープン」でのナダル

1月18日付けの男子テニス世界ランキングで、世界2位のラファエル・ナダル(スペイン)がまた一つ偉大な記録を達成。トップ10の連続在位が、史上初の800週となった。

ナダルは昨年2020年11月9日付けの世界ランキングで、それまで最長記録だったジミー・コナーズ(アメリカ)の789週連続を更新して歴代1位に。


そんな彼が初めてトップ10入りを果たしたのは2005年4月25日付けで、当時はまだ18歳だった。そして34歳となった2021年1月現在まで15年半以上、一度もトップ10からの陥落を経験していないから驚きだ。


また、ATP(男子プロテニス協会)によるとナダルは800週のうち世界1位としての期間は計209週、2位としては計361週で、全体の約71%を占める計570週にわたってトップ2の座に位置している。


なお、同じく男子テニス界のBIG3であるロジャー・フェデラー(スイス)のトップ10連続在位は右膝の怪我による陥落までで、2002年10月から2016年10月までの734週連続を記録。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は右肘の怪我による陥落までで、2007年3月から2017年10月までの555週連続となっている。


一方通算でのトップ10在位期間では、1位がフェデラーの931週、2位がコナーズの816週、そしてナダルの800週と続いている。


【トップ10連続在位ランキング】


1位:ラファエル・ナダル(スペイン):800週連続(継続中)
2位:ジミー・コナーズ(アメリカ):789週連続
3位:ロジャー・フェデラー(スイス):734週連続
4位:イワン・レンドル(アメリカ):619週連続
5位:ピート・サンプラス(アメリカ):565週連続


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全仏オープン」でのナダル
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

<WOWOW TENNIS WORLD公開>

20210113_tennisworldバナー_300×250.jpg

テニスファンのあなたと作り上げていく「WOWOWテニスワールド」が「全豪オープン」に向けて誕生しました!

新しいテニスの楽しみ方として、『WOWOWテニスワールド』略して『テニワ』のオンラインイベントを開催。

1/18(月)19:00より連日LIVE配信でお届けします ! フローラン・ダバディさん・吉崎仁康さん・横内洋樹アナがゲストと楽屋のゆるい雰囲気で、

また時には熱くトークを交わします!

第2回ゲストはゲストで実況アナウンサーの鍋島昭茂さんを迎えお届けします! 2021年1月19日(火)19:00より配信開始!

「テニワのオンライン楽屋~WOWOW テニス実況 大解剖編~」

210118_02.jpg

WOWOWのテニス公式Twitterでも同時生配信決定!!

#WOWOW #tennis #テニス #全豪 #AusOpen #大坂なおみ #錦織圭

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu