マイページ

ATPニュース

ジョコビッチがまさかの完敗。ラッキールーザーにプロ人生で初めて敗れる

「ATP500 ウィーン」でのジョコビッチ

現地30日の「ATP500 ウィーン」(オーストリア・ウィーン/10月26日~11月1日/室内ハードコート)大会5日目。男子シングルス準々決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)がラッキールーザーで出場している世界42位のロレンツォ・ソネゴ(イタリア)に2-6、1-6でまさかの完敗を喫した。試合時間はわずか68分。

ラッキールーザーとは、予選で敗れたものの本戦に欠場者が出たために繰り上がりで出場できる制度。ATP(男子プロテニス協会)によると、ジョコビッチはそのキャリアで初めてラッキールーザーに敗れた(通算12勝1敗)。


ジョコビッチは今大会、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)をそれぞれストレートで破って準々決勝へ進出。しかし、この試合ではプレーが上手くかみ合わず、ウィナーは7本に対し、アンフォーストエラーは25本にも及んだ。この敗北により、ジョコビッチは今シーズン39勝3敗となった。


一方のソネゴはアグレッシブなプレーを見せ、ウィナー26本、アンフォーストエラーは12本。被ブレーク0でジョコビッチから5度のブレークに成功。今シーズンは今大会前までハードコートでは0勝5敗だったが、見事初の対トップ10勝利、そして対世界1位勝利をもぎとった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ウィーン」でのジョコビッチ
(Photo by Thomas Kronsteiner/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu