マイページ

ATPニュース

錦織「2021年に集中」で今季終了。険しい道のりとなった2020年

「全仏オープン」での錦織圭

現地28日に、錦織圭(日本/日清食品)が自身の公式アプリで、肩の怪我のため今シーズンを終了することを発表した。

錦織は以下のように綴っている。


「みなさん、予定の変更をお知らせします。今シーズンを終えることを決めました。コートに戻れることを楽しみにしていましたが、プレーする時は100%の状態で臨まなければなりません」


「肘の手術からの復帰は簡単ではなく、予想通りアップダウンがありました。肩はまだ少し問題があり、パリとソフィアの大会は欠場して、2021年に集中することにしました。2021年は明らかに重要な年になります。みなさんの応援に感謝しています。またすぐ会いましょう」


錦織は昨年の「全仏オープン」頃から試合中にも右肘に痛みを感じ、「全米オープン」後にツアーを離れた。そして10月に右肘の手術を受け、リハビリを開始。今年3月頃には復帰間近となったが、不運にも新型コロナウイルスの蔓延のため、ツアー自体が中断に。


8月からツアーは再開されたものの、「ATP1000 ウェスタン&サザンオープン」直前で自身が新型コロナウイルスに感染してしまい、「全米オープン」も欠場となった。


そして9月のクレーコートシーズンで約1年ぶりに公式戦に復帰。「ATP250 キッツビューエル」、「ATP1000 ローマ」、「ATP500 ハンブルク」、「全仏オープン」に出場し、2勝4敗ながら、少しずつ試合勘を取り戻しつつあった。


しかし「全仏オープン」で5セットの戦いを2度行ったことで負担がかかり、右肩を負傷。その後練習には復帰したものの、3大会連続で欠場し、来年に集中することを決めた。


2021年は1年延期となった「東京オリンピック」の年。100%の状態でまたコートで躍動することが期待される。


【錦織の2020年シーズンの戦績】
「ATP250 キッツビューエル」対当時世界47位 ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)
6-4、4-6、2-6
「ATP1000 ローマ」対当時世界44位 アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)
○6-4、7-6(3)
「ATP1000 ローマ」対当時世界249位 ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)
●3-6、4-6
「ATP500 ハンブルク」対当時世界22位 クリスチャン・ガリン(チリ)
●0-6、3-6
「全仏オープン」対当時世界34位 ダニエル・エバンズ(イギリス)
○1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4
「全仏オープン」対当時世界74位 ステファノ・トラバグリア(イタリア)
●4-6、6-2、6(7)-7、6-4、2-6


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Stephane Allaman/DPPI/Icon Sportswire via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu