マイページ

ATPニュース

杉田祐一、再開後ツアー本戦初白星。次戦は第3シードのマナリノと

「全豪オープン」での杉田祐一

現地27日の「ATP250 ヌルスルタン」(カザフスタン・ヌルスルタン/10月26日~11月1日/ハードコート)大会2日目。男子シングルス1回戦で、世界101位の杉田祐一(日本/三菱電機)が世界115位のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に6-1、5-7、6-4で勝利。8月にツアーが再開されて以降では、最初のツアー本戦白星を挙げた。

予選勝者同士による、2時間超えの1回戦を制した杉田。


この試合で杉田は、相手のブレークポイント10本のうち7本をセーブ。一方自身は、第2セットでは1本ブレークポイントをしのがれたものの、試合全体で6回のチャンスのうち5回ブレークに成功した。


その杉田の2回戦の相手は、第3シードの世界39位アドリアン・マナリノ(フランス)。両者のツアー本戦での過去対戦成績は、杉田の1勝2敗だ。最後に対戦したのは2017年「楽天ジャパンオープン」で、その時は杉田が2-6、4-6のストレートで敗れた。


久しぶりのツアー本戦勝利を挙げた杉田が、次戦でもシード相手に目一杯ぶつかってゆくことが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での杉田祐一
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu