マイページ

ATPニュース

ズべレフが3度目の2週連続優勝!「もうすぐトップになれると思う」と自信

「ATP250 ケルン」で優勝したズべレフ

現地26日、「ATP250 ケルン」(ドイツ・ケルン/10月19日~10月25日/室内ハードコート)男子シングルス決勝で、第1シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-2、6-1で破り、優勝を飾った。

ズべレフは前週に同会場で開催された大会でも優勝を飾っており、2週連続での地元優勝に。2週連続優勝は2017年8月(「ATP500 ワシントンD.C.」と「ATP1000 モントリオール」)、2018年5月(「ATP250 ミュンヘン」と「ATP1000 マドリード」)に続き3度目だ。そして通算獲得タイトルは13個となった。


この試合、ズべレフはサービスエースが9本に対し、ダブルフォルトは0本。ファーストサーブポイント獲得率は83%でセカンドサーブポイント獲得率は50%、ピンチは1本のみ。リターンゲームでは5度のブレークに成功と完勝だった。


ATP(男子プロテニス協会)によると、ズべレフは「ここ2週間でベストな試合だったと思う。ディエゴは本当に苦戦する相手だ。彼はベースラインからミスをしないんだ」「残りのシーズンも楽しみだよ」「もうすぐトップになれると思う」と語った。


一方準優勝となったシュワルツマンは「今日はサーシャ(ズべレフの愛称)の方がずっと良かったよ。彼は先週優勝に値したし、今日はコート上でパーフェクトだった」と語っている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ケルン」で優勝したズべレフ
(Photo by Mario Hommes/DeFodi Images via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu