マイページ

ATPニュース

【20日21時半頃開始予定】錦織圭のハードコート復帰戦。世界55位アンドゥハルと対戦

錦織(左)とアンドゥハル(右)

20日の「ATP250 アントワープ」(ベルギー・アントワープ/10月19日~10月25日/室内ハードコート)大会2日目。男子シングルス1回戦で、世界36位の錦織圭(日本/日清食品)が世界55位のパブロ・アンドゥハル(スペイン)と対戦する。試合はセンターコートの第2試合で、日本時間21時30分頃に開始予定。

錦織とアンドゥハルの過去対戦成績は、錦織の4勝1敗。ハードコートでは錦織の3勝0敗だ。最後に対戦したのは2015年で、今回は約5年ぶりの顔合わせとなる。


錦織の今シーズンここまでは、クレーコートで2勝4敗とまだまだ試合勘を取り戻している途中。一方で「全仏オープン」2回戦後には「(復帰後)今までの中では一番良い試合」とも話した。


相手のアンドゥハルは現在34歳、ツアーでは4個のタイトルを獲得している。2016年から2017年に計3回右肘の手術を受けたものの、その翌年の2018年4月「ATP250 マラケシュ」で復活優勝。当時のアンドゥハルの世界ランキングは355位で、これは1998年に世界550位で「ATP250 アデレード」を優勝したレイトン・ヒューイット(オーストラリア)以来、最も低いランキングでのツアー優勝だった。


そんなアンドゥハルだが、今シーズンはツアーでハードコートにおいては0勝5敗とまだ白星がない。対する錦織は「全仏オープン」で痛めた右肩の状態も心配されるが、久しぶりのハードコートでのプレーが注目される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は錦織(左)とアンドゥハル(右)
(Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu