マイページ

ATPニュース

錦織圭の1回戦相手アンドゥハルとは?度重なる手術や下位でのツアー優勝記録も

「ATP500 アカプルコ」でのアンドゥハル

「ATP250 アントワープ」(ベルギー・アントワープ/10月19日~10月25日/室内ハードコート)で、ハードコート復帰戦に臨む予定の錦織圭(日本/日清食品)。1回戦の相手は、世界55位のパブロ・アンドゥハル(スペイン)だ。今回はそのアンドゥハルを紹介する。

1986年生まれ、現在34歳のアンドゥハル。キャリアハイは2015年7月13日に記録した世界32位で、ツアーでは4度優勝している。


一方、2016年の3月と11月、さらに2017年4月と立て続けに3度右肘の手術を受け、一時ツアーを離脱。2017年は9月と10月に下部大会2大会のみへの出場でシーズンを終えた。ATP(男子プロテニス協会)公式サイトによると、のちに本人は「3回目の手術を受けると決めた時、妻に"今回がうまくいかなかったら引退する"と話し、自分自身にもそう言い聞かせたんだ」と話し、この時の覚悟を明かしている。


それでも3度目の手術ののちにツアーに戻ってくると、翌年2018年4月の「ATP250 マラケシュ」で復活優勝を果たす。当時のアンドゥハルの世界ランキングは355位。これは、1998年に世界550位で「ATP250 アデレード」を優勝したレイトン・ヒューイット(オーストラリア)以来、最も低いランキングでのツアー優勝となった。


なおアンドゥハルは今シーズンのツアーで、ハードコートにおいては0勝5敗とまだ白星がない。


そんなアンドゥハルと錦織の過去対戦成績は、錦織の4勝1敗。ハードコートでは錦織の3勝0敗だ。最後に対戦したのは2015年で、今回は約5年ぶりの顔合わせとなる。


錦織にとっては今シーズンはクレーコートで2勝4敗と、まだまだ試合勘を取り戻している途中。しかし「全仏オープン」2回戦後には「まだまだ自分の良い時にはまったく達していない」としつつも「(復帰後)今までの中では一番良い試合」と話した。


「全仏オープン」で痛めた右肩の状態も心配されるが、久しぶりのハードコートでのプレーが注目される。


◇   ◇   ◇


【アンドゥハルのプロフィール】


■生年月日
1986年1月23日(34歳)


■身長
180cm


■利き腕/バックハンド
右/両手


■「ATP250 アントワープ」過去の最高成績
予選敗退(2016年)


■キャリア通算シングルスタイトル数
4個


■2020年、「ATP250 アントワープ」前までの戦績
3勝10敗


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 アカプルコ」でのアンドゥハル
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu