マイページ

ATPニュース

ジョコビッチが「フェデラー」と言い間違えられるハプニング

「ATP1000 ローマ」でのジョコビッチ

現地19日の「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/9月14日~21日/クレーコート)男子シングルス準々決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、試合中にロジャー・フェデラー(スイス)と言い間違えられるハプニングが起きた。

それは、世界97位のドミニク・コプファー(ドイツ)と対戦中の第3セットでのこと。


第3ゲームでジョコビッチは、0-40の大きなチャンスとすると、相手のダブルフォルトによりブレークに成功。本来なら「ジョーコ(イタリア語でゲームの意味)、ジョコビッチ」と審判がコールするところだ。しかしこの時何故か審判は言い間違えて「ジョーコ、フェデラー」とコールした。


もちろんこれは単純な間違いのためすぐに訂正された。


この試合、ジョコビッチはまだクレーコートに適応できていないのか、4度の被ブレークと38本のアンフォーストエラーを記録。「全米オープン」ではフラストレーションを発散した際に線審の首元にボールをぶつけてしまい失格となったが、この日も第2セットで自分のミスでブレークを喫した際には、ラケットを豪快に破壊していた。


それでもジョコビッチは6-3、4-6、6-3で勝利し、準決勝へ進出。準決勝では世界34位のキャスパー・ルード(ノルウェー)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 ローマ」でのジョコビッチ
(Photo by Riccardo Antimiani - Pool/Getty Images)

錦織圭出場!全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継! 9/27(日)開幕!

"日本のエース"錦織圭の戦いや13度目の優勝を狙うナダルなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継 [大会第1日無料放送]

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu