マイページ

ATPニュース

【速報】錦織 18歳世界249位のムゼッティに敗れる。停電から再開直後に被ブレーク

「ATP1000 ローマ」での錦織圭

現地17日の「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/9月14日~9月21日/クレーコート)大会4日目。男子シングルス2回戦で、世界35位の錦織圭(日本/日清食品)が予選勝者の世界249位ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)と対戦。錦織が3-6、4-6のストレートで敗れ、2回戦敗退となった。

第2セットは錦織のサービスゲームから。第1セットを3-6で落とした錦織だが、気持ちを切り替えて第1ゲームをラブゲームキープする。


両者、ラブゲームでサービスゲームをキープし合い、迎えた第5ゲーム。30-40と先にピンチとなった錦織。しかし合計2本のブレークポイントをしのぎ、デュースの末にサービスゲームをキープした。


錦織は第6ゲームでデュースに持ち込み、ブレークポイントを握った。しかし合計2本のブレークポイントをしのがれ、リードを作ることができない。


両者サービスゲームをキープし、ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲーム。ポイント30-15で錦織がサーブのトスを上げた瞬間、いきなり会場が停電となり、試合は一時中断となった。


しばらくした後、照明が戻り、試合が再開されたが、錦織がリズムを崩してしまったのかムゼッティにブレークを喫してしまう。


そして続く第10ゲームがムゼッティのサービング・フォー・ザ・マッチとなった。なんとかチャンスを作りたい錦織だったが追いつくことができず、第2セットを落として2回戦敗退となった。


錦織はこの試合、5本のブレークポイントを握るもいずれも逃した。1回戦でも10本あったチャンスのうち、ものにできたのは1本のみと、チャンスでの課題が残る復帰2大会目となった。ただ復帰戦となった「ATP250 キッツビューエル」と比べると、プレー内容は格段に良くなっており、今後に期待したい。


勝利したムゼッティは、3回戦でドミニク・コプファー(ドイツ)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 ローマ」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

錦織、大坂出場!全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継! 9/27(日)開幕!

"日本のエース"錦織圭大坂なおみの戦いや13度目の優勝を狙うナダルなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継 [大会第1日無料放送]

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu