マイページ

ATPニュース

【速報】錦織が攻撃的なプレーで第1セットを先取。復帰戦となるキツマノビッチとの対戦

2019年「ATP1000 マドリード」での錦織圭

現地8日の「ATP250 キッツビューエル」(オーストリア・キッツビューエル/9月8日~9月13日/クレーコート)の大会初日、男子シングルス1回戦で、世界34位の錦織圭(日本/日清食品)が世界47位のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)と対戦。錦織が第1セットを6-4で先取した。

両者は今回が初の対戦。錦織は昨年の「全米オープン」後に右肘の手術を受け、1年ぶりの復帰戦となる。ATP(男子プロテニス協会)公式サイトでは「今は100%の状態になったと感じているので、キッツビューエルで良いスタートができたらと思っています」と語っている錦織。復帰戦でどのような姿を見せてくれるのか、そして初戦を白星で飾ってくれるのか、期待がかかる。


第1セットは錦織のサービスゲームから始まった。第2ゲームでブレークに成功した錦織は、第3ゲームをラブゲームキープし、1年ぶりとは思えない完璧なスタートを切った。


さらに第4ゲームでも錦織は0-40と3本のブレークポイントを握ると、1本はしのがれたものの続くラリーを制してブレーク。第5ゲームではデュースからブレークポイントを握られたが、サーブでこれをしのぎ、5ゲームを連取した。


第6ゲームはキツマノビッチにラブゲームでキープされたが、続く第7ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・セットに。ただここでピンチとなると、ダブルフォルトで落とす。


更に第9ゲームでもピンチとなると、パッシングショットを決められ、ブレークの数で並ばれる。それでも第10ゲームで3度目のブレークを決め、第1セットを先取した。


錦織は攻撃的なプレーを展開。5ゲームを連取してから早いタイミングでのミスも増えたが、1年ぶりの公式戦とは思えないプレーを披露している。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ATP1000 マドリード」での錦織圭
(Photo by David S. Bustamante/Soccrates/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu