マイページ

ATPニュース

ナダル 過去1年のハードコート勝率で、ジョコビッチを上回る

「ATP500 アカプルコ」でのナダル

クレーキングと称されるほどクレーコートで驚異の戦績を残してきたラファエル・ナダル(スペイン)。だが、過去52週の成績では、ハードコートでの勝率が男子ツアーで1位になっていると、ATP(男子プロテニス協会)が報じている

過去52週のハードコート勝率トップ5は以下の通り。


1位:ナダル 90.5%
2位:ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 86%
3位:ロジャー・フェデラー(スイス) 81.1%
4位:ダニール・メドベージェフ(ロシア) 75.5%
5位:アンドレイ・ルブレフ(ロシア)75.4%


ナダルは過去52週でハードコートでは38勝4敗。うち11勝はトップ20の選手から挙げたものだ。90.5%という勝率は、ナダルの通算でのクレーコート勝率である91.8%と1.3%しか変わらない。


ナダルの通算でのハードコート勝率は78.1%と、33歳のベテランながら更に進化していることが分かる。勝率が上がっている理由の一つはサーブの進化だと言われている。


ハードコートを含めた2019年シーズンのナダルの平均サービスエース数は、キャリア最多となる4.5本だった。サービスエースが増えると、サービスゲームのキープのプレッシャーは減る。その結果2019年のサービスゲーム勝率は90.1%と、2010年代の10年で最高だった2010年と同じ数字をたたき出した。


【ナダルの2010年代のサーブに関する数字】
年 サービスゲーム勝率 平均サービスエース本数


2019年:90.1% 4.5本
2018年:86.4% 2.6本
2017年:89.2% 3.6本
2016年:81.0% 2.2本
2015年:83.3% 2.8本
2014年:85.3% 3.1本
2013年:88.1% 2.7本
2012年:87.8% 3.3本
2011年:83.3% 3.4本
2010年:90.1% 3.8本


現在男子ツアーは新型コロナウイルスの影響のため、少なくとも6月7日までは中断中。その結果、「全仏オープン」は9月に延期となり、現時点では「全米オープン」の閉幕から1週間後に「全仏オープン」が開幕するという、異例の過密スケジュールとなっている。昨年両大会を制したナダルにとっては、ポイントディフェンドの面でも厳しい戦いが予想されるが、どのような戦いを見せるか注目される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 アカプルコ」でのナダル
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu