マイページ

ATPニュース

錦織圭「クレーコートで練習」。復帰に向けてフォアハンド強打も見せる

2019年「ATP1000 ローマ」での錦織圭

右肘の手術からツアー復帰を目指す錦織圭(日本/日清食品)。日本時間16日、自身の公式アプリにクレーコートでの練習の様子を動画公開した。

「クレーコートで練習中」とコメントが添えられたこの動画。錦織は、先日SNSで投稿していたマイケル・チャンコーチとの練習動画よりも、フォアハンド・バックハンドともにより鋭いスウィングで打っているように見える。


また動画の一番最後には、回り込んでのフォアハンド強打を見せており、徐々に調子が上がってきていることを伺わせる。


錦織は、2019年「全米オープン」以降ツアーを離脱し、同年10月に右肘を手術。今シーズン3月6日~7日に行われた「デビスカップ」予選ラウンド・日本対エクアドルでは久しぶりに代表メンバー入りするも、実戦復帰はならなかった。


その際は「すべて上手くいっているけれど、間に合いませんでした。すぐに戻れると思います」「肘は良い状態ですが、身体の準備がまだ充分じゃないから鍛えたいです。長く休んだからゼロからのカムバックになります」と話した。


一方これまでも、フォアハンドの練習やサービスで的当てをする動画を公開していた錦織。11日には自身のSNSでチャンコーチとのツーショットや、ストローク練習をする動画を投稿した。


現在、新型コロナウイルスの影響で男子ツアーは4月20日の週まで(4月26日まで)の予定で中断されている状況だが、錦織が再び活躍する姿を期待して待ちたい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ATP1000 ローマ」での錦織圭
(Photo by Giuseppe Maffia/NurPhoto via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu