マイページ

ATPニュース

BIG3時代に世界3位以上になった数少ない男たち。ティームで10人目

「ATP500 リオデジャネイロ」でのティーム

男子テニス界に10年以上君臨するロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のBIG3。ジョコビッチが世界3位に初めてなった2007年7月以降、3位以上になったのはBIG3を除くと10人しかいないと「全米オープン」の公式Twitterが伝えている。

その10人目の3位以上に、ドミニク・ティーム(オーストリア)が3月2日付けのランキングでなった。ティームは今年の「全豪オープン」でグランドスラム3度目の準優勝を飾った。そしてフェデラーが膝の手術のためツアーを離脱し、昨年優勝した「ATP500 ドバイ」で得たポイントが失効したため、ティームがフェデラーを抜いて3位となった。


2007年7月以降に世界3位以上となったBIG3以外の選手はこれで以下の通りとなった。


アンディ・ロディック(アメリカ)
アンディ・マレー(イギリス)
ダビド・フェレール(スペイン)
スタン・ワウリンカ(スイス)
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
マリン・チリッチ(クロアチア)
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
ドミニク・ティーム(オーストリア)


またこの中で2007年7月以降に1位を経験したのはマレーのみ。世界2位の壁を破ったのもマレーのみだ。遂に3位の壁を破ったティームが2位の壁も破れるか注目される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 リオデジャネイロ」でのティーム
(Photo by Buda Mendes/Getty Images)

「デビスカップ」予選ラウンド 日本対エクアドル 無料放送・配信が決定!

<無料配信>
WOWOWメンバーズオンデマンド
第1日:3月6日(金)午前11:50頃~
第2日:3月7日(土)午前10:58頃~
配信ページはこちら

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu