マイページ

ATPニュース

西岡良仁 逆転でシード選手を破り「ATP250 デルレイビーチ」2回戦進出

「全豪オープン」での西岡良仁

「ATP250 デルレイビーチ」(アメリカ・デルレイビーチ/2月17日~23日/ハードコート)の大会初日。男子シングルス1回戦で世界63位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が第5シードの世界40位ジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦。西岡が3-6、6-4、6-2で勝利し、2回戦進出を果たした。試合時間は1時間56分。

両者はツアー本戦では2016年に1度対戦しており、そのときは西岡が敗れている。しかし、直近の対戦となった2019年の「ATP1000 シンシナティ」予選では西岡がストレートで勝利していた。今回はフルセットにもつれたものの、西岡が持ち味の粘りを見せ、逆転勝利を飾った。


第1セット、第2ゲームでブレークを喫した西岡。その後、反撃のチャンスを狙うも、ブレークポイントを握るところまで至ることができず、3-6で第1セットを落とした。


第2セットになると、両者ともにサービスゲームをキープし合う展開が続く。それでも第8ゲームでラブゲームでのブレークに成功。第9ゲームでミルマンにブレークバックを喫するも、すぐさまブレークし、6-4で第2セットを奪い返す。


そして第3セットでも先にブレークしたのは西岡。第4ゲームでブレークし、そのリードを保ったまま、第8ゲームでまたもブレークし、6-2で第3セットを奪って勝利を決めた。


勝利した西岡は、ノア・ルビン(アメリカ)とジャン・ジェイソン(台湾)の勝者と2回戦で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での西岡良仁
(Photo by Morgan Hancock/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu