マイページ

ATPニュース

ナダルが「ATPカップ」のチームメイトに与える影響とは

写真はバウティスタ アグート(左)とナダル(右)

世界ランキング1位として、ラファエル・ナダル(スペイン)はチームメイトに自分の存在を伝えている。

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は、ナダルのポジティブさが「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3日~1月12日/ハードコート)のスペイン代表チームに大きな影響を与えていると語った。「デビスカップ」でスペインを優勝へと導いた6週間後、ナダルは初開催の「ATPカップ」でもう一度、同胞たちを先導していると、英紙Expressは伝えている。


スペインは、「ATPカップ」初戦を3-0でジョージアに勝利するという理想的なスタートを切った。ナダルは、ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を6-3、7-5というスコアで下し、最終ダブルスの前に勝利を決めた。


チームに世界一の選手がいることはスペインにとって非常に大きな勢いをもたらし、バウティスタ アグートは「コート内でもコート外でも、彼と過ごす時間はいつも明るいんだ。僕にも他のチームメイトにも元気なエネルギーをくれるし、良いことを教えてくれる。とにかく、彼と一緒にいられるのは良いことだらけなんだ」と、ナダルの近くにいられることを喜んでいる。


バウティスタ アグートにとって2019年は、世界ランキングトップ10に入り、「ウィンブルドン」で初のグランドスラム準決勝進出と、キャリアの中で最高の結果を残したシーズンだった。彼はナダルに続くスペインのナンバー2選手としてのポジションを確立したが、「全豪オープン」で何を成し遂げられるかを考える前に、今はこの「ATPカップ」に集中している。


バウティスタ アグートはこうも語っている。「今“ATPカップ”のコート上で調子がいいと感じているのは本当だけど、シーズンの長い道のりは始まったばかりだよ。まずはここでいい試合をしてから、“全豪オープン”に向けての準備を整えたいね」


「ATPカップ」は1月9日からシドニーで開催される決勝トーナメントに突入。スペインはグループステージでジョージア、ウルグアイ、日本を下し、グループ首位でベスト8進出を決めた。準々決勝では2位チーム中最高勝率で決勝トーナメントへ進出したベルギーと、1月10日に対戦の予定。


(テニスデイリー編集部)


※写真はバウティスタ アグート(左)とナダル(右)
(Photo by Paul Kane/Getty Images)

「全豪オープンテニス」 大会第1・2日無料放送
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。WOWOWで決勝まで連日生中継!
2連覇を目指す大坂なおみを中心に現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継[大会第1・2日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu