マイページ

ATPニュース

フェデラーが日本の逸材 望月慎太郎について語る

フェデラー(左)と望月(右)

男子テニスツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10日~17日/室内ハードコート)に、ジュニア世界ランキング3位で16歳の望月慎太郎が出場選手のヒッティングパートナーとして参加している。望月が自身のTwitterに、ロジャー・フェデラー(スイス)とセンターコートで練習している動画を公開して話題となった。フェデラーがその望月の印象について話している。

望月は今年の「全仏オープン」ジュニアの部で、錦織圭(日本/日清食品)のジュニア時代最高成績を上回るベスト4に進出。すると「ウィンブルドン」ジュニアの部で、日本人男子初となる優勝、さらにジュニア世界ランキング1位という快挙を達成した。錦織も以前「将来が楽しみ。パワーに頼らず、いろんな方面からプレーできる。どう育っていくか、僕も楽しみ」と話す逸材だ。


フェデラーはグループ「ビヨン・ボルグ」第2戦でマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に勝利。ASAPsportsはその試合後の記者会見の様子を公開しており、記者から望月について質問された際、フェデラーはこう答えている。


「彼と2回練習したよ。彼はとてもクリーンにボールを打つし、素早いね。"ウィンブルドン"での試合を覚えているよ」「パワーがない選手は他の方法でポイントを取らないといけない。タフなメンタル、速い足とか。良いライバルがいることも大事だね。彼にそれがあると良いね」


「正直なところ、今は誰が良くなるのか予想することは難しい。ダニール・メドベージェフ(ロシア)やベレッティーニが今年こんなに良くなると思っていなかったんだ」「望月はナイスガイだし、良いテニスをしていると思うよ」


一方の望月はTennis TVのインタビューに対し「ロンドンに戻ってこれて嬉しい。ここで行われた"ウィンブルドン"で勝ったんだ。ロジャーとの練習は信じられないような経験。ディレクターが僕に『ロジャーと練習したい?』と言ってきた時は驚いた。とても嬉しくて準備したよ」と語っている。


「自分も将来ここでプレーしたい」とも話している望月が、今回の経験を経て更に成長し、いつかツアー最終戦に出場することが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真はフェデラー(左)と望月(右)
(Getty Images)

「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」

11月17日(日)まで
ナダル、ジョコビッチ、フェデラーら出場!今シーズンの年間王者が決まる一大イベントをWOWOWオンデマンド限定配信!

【配信予定】 11月10日(日)~11月17日(日)オンデマンド限定配信
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu