マイページ

ATPニュース

【最新ATPランキング】錦織は8位。楽天OP快進撃の内山は自己ベスト更新

「全米オープン」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は10月7日、最新の世界ランキングを公表。錦織圭(日本/日清食品)は前週と変わらず8位につけている。

肘の治療のためにアジアシーズンを欠場している錦織。現在3,040ポイントで、7位のステファノス・チチパス(ギリシャ)とは590‬ポイント差、9位のカレン・ハチャノフ(ロシア)とは95ポイント差だ。


なお、錦織は9月24日に参加したイベントで、10月21日開幕の「ATP500 ウィーン」には「一応出る予定」と話している。


今回のランキング更新では錦織を含めトップ10には変動がなかったが、前週「楽天ジャパンオープン」に初出場し優勝を飾った世界1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、500ポイント加算して現在10,365ポイントに。2位のラファエル・ナダル(スペイン)とは1,140ポイント差に開いた。


「楽天ジャパンオープン」を予選から勝ち上がり、同大会シングルスでは自身初のベスト8進出を果たした内山靖崇(日本/北日本物産)。前週から順位を26上げて、キャリアハイを更新する世界110位となった。これは現在、日本勢としては錦織、西岡良仁(日本/ミキハウス)に次ぐ三番手。


そして、内山とともに「楽天ジャパンオープン」ベスト8に進出し、同大会がATPツアーレベルとなってから初の日本勢2名のベスト8入りという快挙を実現したダニエル太郎(日本/エイブル)。前週から順位を16上げて、内山に続く世界111位につけている。


このほかの日本勢は「楽天ジャパンオープン」ベスト16の西岡が、前週から2つ上げて世界75位。35歳、本戦13度目の挑戦で初めて同大会初勝利をつかんだ添田豪(日本/GODAI)は8つ上げて125位に。1回戦で強豪マリン・チリッチ(クロアチア)に敗れた杉田祐一(日本/三菱電機)は、4つ下げて130位につけている。


◇   ◇   ◇


【10月7日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント


1. ← (1)ノバク・ジョコビッチ(セルビア)  10,365
2. ← (2)ラファエル・ナダル(スペイン) 9,225
3. ← (3)ロジャー・フェデラー(スイス) 7,130
4. ← (4)ダニール・メドベージェフ(ロシア) 4,965
5. ← (5)ドミニク・ティーム(オーストリア) 4,915
6. ← (6)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 4,185
7. ← (7)ステファノス・チチパス(ギリシャ) 3,630
8. ← (8)錦織圭(日本/日清食品) 3,040
9. ← (9)カレン・ハチャノフ(ロシア) 2,945
10. ← (10)ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 2,575
11. ← (11)ガエル・モンフィス(フランス) 2,375
12. ← (12)ファビオ・フォニーニ(イタリア) 2,280
13. ← (13)マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,221
14. ↑ (15)ダビド・ゴファン(ベルギー) 2,190
15. ↓ (14)ボルナ・チョリッチ(クロアチア) 2,130
16. ← (16)ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 1,995
17. ↑ (19)ジョン・イズナー(アメリカ) 1,895
18. ← (18)ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 1,780
19. ↑ (20)フェリックス・オジェ アリアシム (カナダ) 1,719
20. ↑ (21)スタン・ワウリンカ(スイス) 1,670


------------------------


75. ↑ (77)西岡良仁(日本/ミキハウス) 764


110. ↑ (136‬)内山靖崇(日本/北日本物産) 507
111. ↑ (127)ダニエル太郎(日本/エイブル) 504


125. ↑ (133)添田豪(日本/GODAI) 450


130. ↓ (126)杉田祐一(日本/三菱電機)  429


289. ↑ (503)アンディ・マレー(イギリス) 147


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Steven Ryan/Getty Images)

【スタッフ複数名募集】テニスデイリーではライターを募集しています。

ライター経験を活かしたい方、本格的なライター職の経験を積みたい方、テニスの魅力をあなたの言葉でもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu