ATPニュース

西岡「錦織選手という存在があってこその自分」。夢の初対戦を終え感謝

「ATP1000 シンシナティ」での西岡(左)と錦織(右)

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月11~18日/ハードコート)男子シングルスで、3回戦に進出した世界77位の西岡良仁(日本/ミキハウス)。2回戦で第6シード錦織圭(日本/日清食品)との初対決を制しての勝ち上がりだ。

西岡は錦織との試合後、WOWOWインタビューで「率直に本当にうれしいですね。まず対戦できること自体が本当にうれしかったんで」と気持ちを明かした。


そして、次のように錦織の存在の大きさを話した。


「自分にとってもそうですし、日本テニス界においても、やはり錦織選手という存在があってこその自分というのがあると思っていて。今たくさんの日本人選手が上がってきていると思いますけど、やはり筆頭してくれた錦織選手の存在はとても大きかったので」


「そういう選手と練習はたくさんしていただきましたけど、やはり試合でしか感じられないことが絶対あると思っていたので、まずこの来たるチャンスを絶対逃すわけにはいかないと思って、しっかり一回戦勝って辿り着いたことにまず自分は本当にうれしかったです」


西岡にとって錦織は、同じIMGアカデミーで一緒に練習してきた先輩。現在日本男子テニス界のNo.1である錦織の背中を、No.2に位置している西岡は今も特別な気持ちを持って追い続けているようだ。


「ジュニアの頃からたくさん錦織選手と練習させてもらったり見たりして、『こういうところを学びなさい』とかたくさんコーチから言われたこともあって、実際今でも試合を見て、こういうところが強いとか、自分もこういうところをできるようになればもう少し可能性出るんじゃないかとか、今でもそうやって学ばせてもらっている段階なので。自分の良いプレーができたはずなので、率直にすごいうれしいですね」


グランドスラムに次ぐ大会レベルのマスターズ1000。その2回戦において実現した今回の日本勢対決は、今後の日本テニス界にとっても大きな意味があった一戦ではないだろうか。


そして勝利した西岡は、3回戦で世界38位の20歳アレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。西岡はデミノーに対し過去1勝0敗。次戦では錦織の分も、さらなる活躍をしてくれることが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 シンシナティ」での西岡(左)と錦織(右)
(Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu