マイページ

ATPニュース

錦織 次大会はナダル山。初戦は世界46位トンプソンか予選勝者に

「ATP1000 モントリオール」での錦織圭

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月11~18日/ハードコート)の大会ドローが発表された。錦織圭(日本/日清食品)は第6シードで1回戦免除。初戦となる2回戦は、世界46位のジョーダン・トンプソン(オーストラリア)と予選勝者の勝者と対戦することが決まった。

錦織とシード勢が順当に勝ち上がった場合、3回戦で第12シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、準々決勝で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、準決勝で第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する可能性がある。


錦織は今週の「ATP1000 モントリオール」の初戦となる2回戦で、リシャール・ガスケ(フランス)に敗れた。その後、右肘に痛みがあることを語っており、予定されていたダブルスを棄権していた。


「全米オープン」まであとわずか。右肘が悪化しないことが望まれる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 モントリオール」での錦織圭
(Photo by David Kirouac/Icon Sportswire via Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu