ATPニュース

錦織 攻撃的なプレー貫くもサーブに苦労。20本ものピンチを招く

「ATP1000 モントリオール」での錦織圭

「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月5~11日/ハードコート)の大会3日目、男子シングルス2回戦。第5シード錦織圭(日本/日清食品)は世界66位のリシャール・ガスケ(フランス)に、7-6(6)、2-6、6(4)-7で敗れ、初戦敗退となった。試合時間は3時間9分。

錦織はこの試合攻撃的なラリーを展開し、3セットで57本とウィナーを量産。攻めたためアンフォーストエラーも56本と多かったが、相手に楽をさせる簡単なミスも目立った。


またこの日はサービスゲームで終始苦労。ファーストサーブポイント獲得率は64%とあまり良くなく、セカンドサーブではガスケがベースラインから下がってしっかり返球してきたため、ロングラリーが多くプレッシャーがかかった。


その結果、16回あったサービスゲームのうち8回でピンチとなり、5回ブレークを許した。またピンチの数は20本にも及んだ。


錦織はこの試合、右腕に黒いサポーターをつけて臨んでおり、シングルスの後に予定されていたダブルスは試合前棄権を選択。11日に開幕する次戦「ATP1000 シンシナティ」までにより状態が回復することが望まれる。


【錦織 対 ガスケ 主なスタッツ】
◆錦織
サービスエース         7本
ダブルフォルト         4本
ファーストサーブ成功率     63%
ファーストサーブポイント獲得率 64%
セカンドサーブポイント獲得率  48%
ブレークポイント勝率      3/12
ウィナー            57本
アンフォーストエラー      56本


◆ガスケ
サービスエース         11本
ダブルフォルト         3本
ファーストサーブ成功率     55%
ファーストサーブポイント獲得率 73%
セカンドサーブポイント獲得率  45%
ブレークポイント勝率      5/20
ウィナー            32本
アンフォーストエラー      34本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 モントリオール」での錦織圭
(Photo by David Kirouac/Icon Sportswire via Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu