マイページ

ATPニュース

西岡、世界52位キリオスにストレート負け。そのほかチチパスらベスト8出揃う

「ATP500 ワシントンD.C.」での西岡

現地の8月1日、「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./7月29日~8月4日/ハードコート)大会4日目。男子シングルス3回戦、男子ダブルス準々決勝が行われた。

男子シングルス3回戦、世界77位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が世界52位ニック・キリオス(オーストラリア)と対戦。西岡は2-6、5-7で敗れ、残念ながら3回戦敗退となった。


第1セット、ラブゲームキープでスタートした西岡。しかし、キリオスのサービスや多彩なショットに苦戦し、2度ブレークを許してセットを落とした。


そして第2セット、西岡は第5ゲームで先にブレークを喫する。直後にブレークバックするも、第11ゲームでダブルフォルトをおかして再びブレークを許し5-6に。続く相手のサービング・フォー・ザ・マッチはブレークならず、これで西岡はキリオスに対してツアー本戦では0勝3敗となった。


第1シードステファノス・チチパス(ギリシャ)は世界46位ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)と対戦し、6-3、7-6(4)で勝利。2年連続の同大会ベスト8進出を決めた。


また、第3シードの23歳ダニール・メドベージェフ(ロシア)は第16シードの21歳フランシス・ティアフォー(アメリカ)との同世代対決を制しベスト8入り。一方、第5シードのジョン・イズナー(アメリカ)は第10シードのブノワ・ペール(フランス)にストレートで敗れた。


そのほか、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第13シードのカイル・エドマンド(イギリス)、ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)、ノルベルト・ゴンボス(スロバキア)がベスト8進出を決めている。


◇   ◇   ◇


【8月1日 主な試合結果】


◆「ATP500 ワシントンD.C.」


男子シングルス3回戦


ニック・キリオス(オーストラリア)6-2、7-5 ●西岡良仁(日本/ミキハウス)


〇[1]ステファノス・チチパス(ギリシャ)6-3、7-6(4) ●ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)


〇[3]ダニール・メドベージェフ(ロシア)6-2、7-5 ●[16]フランシス・ティアフォー(アメリカ)


〇[10]ブノワ・ペール(フランス)7-6(3)、6-3 ●[5]ジョン・イズナー(アメリカ)


〇[6]マリン・チリッチ(クロアチア)6-3、6-4 ●[9]フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)


〇[LL]ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)6-4、6-4 ●[8]ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ワシントンD.C.」での西岡
(Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu