ATPニュース

復帰マレーがダブルスで決勝進出。フェデラーはハレ10度目の優勝に王手

「ATP500 ロンドン」でのマレー

■「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)


6月22日、大会6日目の男子ダブルス準々決勝。日没のため翌日に持ち越しとなっていた、アンディ・マレー(イギリス)/フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とダニエル・エバンズ(イギリス)/Ken Skupski(イギリス)の試合が再開された。

この試合は前日の大会5日目に、マレー/ロペスの6-4、4-5となった時点で日没順延に。再開後、タイブレークに突入した第2セットをマレー/ロペスが奪い、最終スコア6-4、7-6(3)で勝利した。


そして、その後男子ダブルス準決勝が行われ、マレー/ロペスは第3シードヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ジョン・ピアース(オーストラリア)と対戦。これも7‐5、6(5)‐7、10‐7で勝利し、決勝進出を決めた。


1月の「全豪オープン」後に股関節の再手術を受け、今大会初戦でツアー復帰を果たしたマレー。ロペスとのペアで優勝を果たすことができるか、決勝でのプレーにも注目が集まる。


■「ATP500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月17~23日/芝コート)


男子シングルス準決勝。第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が、世界43位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦。フェデラーが6-3、6-3で勝利し、同大会10度目の優勝に王手をかけた。


対戦相手のエルベールは、ダブルスの名手ながら今シーズンシングルスでもランキングを上げてきている選手。しかし、フェデラーはそんなエルベールに1度もブレークポイントを握られることなく、1時間2分で試合を制した。


もう一方の準決勝では、世界33位のダビド・ゴファン(ベルギー)が世界22位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に7-6(4)、6-3で勝利。ゴファンは2017年「Nitto ATPファイナルズ」以来のツアー決勝進出となった。


またダブルス準決勝では、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が第1シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)と対戦。マクラクラン勉/ストルフは4-6、4-6で敗れ、残念ながら決勝進出とはならなかった。


■「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)


女子シングルス準決勝、ランキングで大坂なおみ(日本/日清食品)を追いかける世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界51位のバーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。バーティが6-4、6-4で勝利し、決勝進出を決めた。


バーティは優勝すると、週明けに発表される最新の世界ランキングで大坂なおみ(日本/日清食品)にかわって1位になることが決まっており、その座まであと1勝と迫った。


◇   ◇   ◇


【6月22日 主な試合結果】


◆「ATP500 ロンドン」


男子ダブルス準々決勝


〇[PR]フェリシアーノ・ロペス(スペイン)/アンディ・マレー(イギリス)6-4、7-6(3) ●[WC]ダニエル・エバンズ(イギリス)/Ken Skupski(イギリス)


男子ダブルス準決勝


〇[PR]フェリシアーノ・ロペス(スペイン)/アンディ・マレー(イギリス)7-5、6(5)-7、10-7 ●[3]ヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ジョン・ピアース(オーストラリア)


◆「ATP500 ハレ」


男子シングルス準決勝


〇[1]ロジャー・フェデラー(スイス)6-3、6-3 ●ピエール ユーグ・エルベール(フランス)


ダビド・ゴファン(ベルギー)7-6(4)、6-3 ●マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)


男子ダブルス準決勝


〇[1]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)6-4、6-4 ●マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)


◆「バーミンガム・クラシック」


女子シングルス準決勝


〇[2]アシュリー・バーティ(オーストラリア)6-4、6-4 ●バーボラ・ストリコバ(チェコ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロンドン」でのマレー
(Photo by Alex Morton/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu