ATPニュース

マレー 2日がかりのダブルス準々決勝。フェデラーは好調エルベールと初対戦へ

「ATP500 ロンドン」でのマレー

■「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)


大会6日目の男子ダブルス準々決勝、アンディ・マレー(イギリス)/フェリシアーノ・ロペス(スペイン)がダニエル・エバンズ(イギリス)/Ken Skupski(イギリス)との2日がかりの試合に臨む。

この試合は前日の大会5日目に、マレー/ロペスの6-4、4-5となった時点で日没順延となった。再開後はマレー/ロペスのサービスゲームからとなる。


1月の「全豪オープン」後に股関節の再手術を受け、今大会初戦でツアー復帰を果たしたマレー。一時は引退かと騒がれたとは思えないようなプレーを披露するなか、さらに勝ち上がることができるか。なお勝利したペアは、同日に準決勝も続けて戦う予定。


■「ATP500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月17~23日/芝コート)


男子シングルス準決勝。第1シードロジャー・フェデラー(スイス)が、世界43位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦する。


両者は、今回が初対戦となる。同大会10度目の優勝を目指す「芝の帝王」フェデラーと、ダブルスの名手ながら今シーズンシングルスでもランキングを上げてきているエルベールが、どのような戦いを繰り広げるか注目だ。


またダブルス準決勝では、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ ストルフ(ドイツ)が第1シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)と対戦する。マクラクラン勉/ストルフは2018年「全豪オープン」準々決勝や同年「ATP500 ワシントンD.C.」でこの強豪クボト/メロを撃破しており、今回も勝ち上がれるか期待がかかる。


■「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)


女子シングルス準決勝、ランキングで大坂なおみ(日本/日清食品)を追いかける世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界51位のバーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。両者の過去対戦成績は、バーティの2勝1敗。


◇   ◇   ◇


【6月22日の注目ドロー


◆「ATP500 ロンドン」


男子ダブルス準々決勝


[PR]フェリシアーノ・ロペス(スペイン)/アンディ・マレー(イギリス)対 [WC]ダニエル・エバンズ(イギリス)/Ken Skupski(イギリス)


◆「ATP500 ハレ」


男子シングルス準決勝


[1]ロジャー・フェデラー(スイス)対 ピエール ユーグ・エルベール(フランス)


男子ダブルス準決勝


[1]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対 マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ ストルフ(ドイツ)


◆「バーミンガム・クラシック」


女子シングルス準決勝


バーボラ・ストリコバ(チェコ)対 [2]アシュリー・バーティ(オーストラリア)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロンドン」でのマレー
(photo by Shaun Brooks/Action Plus via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu