ATPニュース

フェデラー 同大会15度目のベスト4進出。チチパスはオジェ アリアシムに敗れる

「ATP500 ハレ」でのフェデラー

■「ATP500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月17~23日/芝コート)


6月21日、大会5日目の男子シングルス準々決勝。第1シードロジャー・フェデラー(スイス)が、第7シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦。フェデラーが6-3、4-6、6-4とフルセットで勝利し、同大会15度目のベスト4進出を決めた。

バウティスタ アグートに対し、過去8勝0敗と圧倒していたフェデラー。今回の勝利で9連勝となった。


また前年優勝者で今大会第4シードボルナ・チョリッチ(クロアチア)は、世界43位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦。しかし、チョリッチが第1セットを5-7で落とした後棄権し、エルベールのベスト4進出が決まった。


■「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)


男子シングルス準々決勝、20歳と18歳の若手注目株同士が再び激突。第1シードで世界6位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が第8シードで世界21位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦し、チチパスは5-7、2-6で敗れた。


ツアーでは2度目の対戦となった両者。前回もチチパスが敗れており、ジュニア時代の3敗も含めるとオジェ アリアシムに5連敗と、苦手意識を強める結果に。


ATP(男子プロテニス協会)によると、チチパスは試合後「彼の方が優れていると受け入れなければならない。彼に勝つことはないかもしれない、でもそう思うならひょっとしたら何年もチャンスが来ることを待つ必要がある」と語った。


男子ダブルス準々決勝では、アンディ・マレー(イギリス)/フェリシアーノ・ロペス(スペイン)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のダニエル・エバンズ(イギリス)/Ken Skupski(イギリス)と対戦。


しかし、マレー/ロペスが第1セットを先取し、第2セット4-5となったところで日没のため翌日に持ち越しとなった。


■「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)


女子シングルス準々決勝、ランキングで大坂なおみ(日本/日清食品)を追いかける世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界55位のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦。バーティが6-4、6-3で勝利し、ベスト4進出を決めた。


大坂の2回戦敗退により、今大会優勝した場合6月24日付けの世界ランキングで1位となるバーティ。その座まであと2勝となった。


◇   ◇   ◇


【6月21日 主な試合結果】


◆「ATP500 ハレ」


男子シングルス準々決勝


〇[1]ロジャー・フェデラー(スイス)6-3、4-6、6-4 ●[7]ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)


ピエール ユーグ・エルベール(フランス)7-5(Ret) ●[4]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)


◆「ATP500 ロンドン」


男子シングルス準々決勝


〇[4]ダニール・メドベージェフ(ロシア)6-2、6-2 ●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)


〇[8]フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)7-5、6-2 ●[1]ステファノス・チチパス(ギリシャ)


◆「バーミンガム・クラシック」


女子シングルス準々決勝


〇[2]アシュリー・バーティ(オーストラリア)6-4、6-3 ●[WC]ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ハレ」でのフェデラー
(Photo by Thomas F. Starke/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu