ATPニュース

デル ポトロ 勝利するも2回戦は棄権へ。ワウリンカ、ラオニッチは2回戦進出

「ATP500 ロンドン」でのデル ポトロ

■「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)


6月19日、大会3日目。男子シングルス1回戦、第3シードフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が20歳の世界25位デニス・シャポバロフ(カナダ)に7-5、6-4で勝利。しかし、試合中に膝を痛め、2回戦を棄権することとなった。

この試合の第2セット第8ゲームで、デル ポトロはネットに出た際に芝に足を取られスリップ。右膝を気にして、顔をゆがめる場面もあったが試合はそのまま続行され、勝利した。


しかし、その後デル ポトロのチームによるInstagramアカウントがストーリーズを更新。スリップ後に右膝に痛みと腫れがあり、これから怪我の度合いを調べることを伝えていたが、その後大会公式Twitterがデル ポトロの棄権をアナウンスした。


そのほか、第6シードミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が世界40位マルコ・チェッキナート(イタリア)に、第7シードのスタン・ワウリンカ(スイス)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界63位ダニエル・エバンズ(イギリス)にそれぞれ勝利し、2回戦進出。


一方、第1シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)対カイル・エドマンド(イギリス)の試合は、第2セット途中で雨天のため翌日に持ち越しとなった。


■「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)


大会3日目の女子シングルス1回戦。前日雨のため順延となっていた、第2シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と世界22位のドナ・ベキッチ(クロアチア)の対戦が行われ、バーティが6-3、6-4で勝利。同大会3年連続の2回戦進出を決めた。


女子シングルス2回戦では、第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と予選勝者の世界112位クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)の姉妹対決が行われた。


この試合24本のサービスエースを決めたクリスティーナが、6-2、3-6、7-6(7)とフルセットの末勝利し、ベスト8進出を果たした。


◇   ◇   ◇


【6月19日 主な試合結果】


◆「ATP500 ロンドン」


男子シングルス1回戦


〇[3]フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)7-5、6-4 ●デニス・シャポバロフ(カナダ)


〇[6]ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)6-3、6-2 ●マルコ・チェッキナート(イタリア)


〇[7]スタン・ワウリンカ(スイス)6-3、6-4 ●[WC]ダニエル・エバンズ(イギリス)


◆「バーミンガム・クラシック」


女子シングルス1回戦


〇[2]アシュリー・バーティ(オーストラリア)6-3、6-4 ●ドナ・ベキッチ(クロアチア)


女子シングルス2回戦


〇[Q]クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)6-2、3-6、7-6(7) ●[3/WC]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロンドン」でのデル ポトロ
(Photo by Alberto Pezzali/NurPhoto via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu