マイページ

ATPニュース

【速報】錦織 ベスト4ならず。ミス多発でシュワルツマンに初黒星[ATP1000 ローマ]

「ATP1000 ローマ」での錦織圭

「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月12~19日/クレーコート)の大会6日目、男子シングルス準々決勝で第6シード錦織圭(日本/日清食品)が世界24位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。4-6、2-6で錦織が敗れ、準々決勝敗退となった。

勝利したシュワルツマンは、この後に行われる第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第7シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の勝者と準決勝で対戦する。


第2セットもシュワルツマンのサービスゲームから。第1セットではシュワルツマンに序盤からブレークを喫した錦織だったが、このセットは両者サービスゲームをキープする展開が続いた。


しかし第6ゲームで錦織が自らのダブルフォルトで0-40とピンチを迎えると、ここをしのぎきることができずにブレークを喫し、ゲームカウント2-4とされた。


なんとか活路を見いだしたい錦織だが、調子を取り戻したシュワルツマンからブレークチャンスをつかむことができない。


ゲームカウント2-5で迎えた第8ゲームで錦織はポイントリードしたところからデュースに持ち込まれると、またもシュワルツマンにブレークを許し、第2セットを2-6で落として準々決勝敗退が決まった。


錦織はこれまでシュワルツマンに対し3勝0敗だったが、今回初黒星を喫した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 ローマ」での錦織
(Photo by Adam Pretty/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu