ATPニュース

錦織 リターン合わず。ワウリンカのサーブポイント獲得率は79%と隙なし【数字で見る試合結果】

「ATP1000 マドリード」での錦織圭

「ATP1000 マドリード」(スペイン・マドリード/5月5~12日/クレーコート)の大会5日目。男子シングルス3回戦で第6シード錦織圭(日本/日清食品)が世界34位のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦。3-6、6(3)-7で錦織が敗れ、ベスト8進出はならなかった。試合時間は1時間35分。

この試合で目立ったのはワウリンカのサービスゲームの数字だ。ファーストサーブでは82%、セカンドサーブでも75%、サービスゲーム全体で79%と高いポイント獲得率を誇った。


また、錦織がリターンできたのは63%のみ。4本以内のラリーでは錦織が30ポイントだったのに対し、ワウリンカは47ポイントと大差がつき、リターンできても3球目でワウリンカに決められる場面が多く見られた。


錦織は第1セットでは、ワウリンカのサービスゲームで2ポイントしか奪えず。第2セットはパワーで押されながらも耐えてタイブレークに持ち込んだが、スマッシュドロップショットのミスが響き、小さなチャンスを手繰り寄せることができなかった。


【錦織 対 ワウリンカ 主なスタッツ】


◆錦織
サービスエース         1本
ダブルフォルト         1本
ファーストサーブ成功率     63%
ファーストサーブポイント獲得率 76%
セカンドサーブポイント獲得率  42%
ブレークポイント勝率      0/1
ウィナー            16本
アンフォーストエラー      21本



◆ワウリンカ
サービスエース         9本
ダブルフォルト         1本
ファーストサーブ成功率     61%
ファーストサーブポイント獲得率 82%
セカンドサーブポイント獲得率  75%
ブレークポイント勝率      1/3
ウィナー            25本
アンフォーストエラー      16本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マドリード」での錦織圭
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu