ATPニュース

【速報】錦織 ベスト8ならず。絶好調ワウリンカのパワーに屈する[ATP1000 マドリード]

「ATP1000 マドリード」での錦織圭

「ATP1000 マドリード」(スペイン・マドリード/5月5~12日/クレーコート)の大会5日目、男子シングルス3回戦で第6シード錦織圭(日本/日清食品)が世界34位のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦。3-6、6(3)-7で錦織が敗れ、ベスト8進出はならなかった。

第2セットは錦織のサービスゲームから。第1セットを落とした錦織だが、第1ゲームをリズム良くラブゲームキープする。第3ゲームでも良い形を引き出すことが増え、サービスゲームをキープした。


そして第4ゲームで錦織は30-40とこの試合初めてのブレークポイントを握った。しかしここでもワウリンカの好サーブによって阻まれ、ブレークすることができない。


その後、両者ともにサービスゲームをキープする展開が続いたが、第9ゲームでデュースの末にワウリンカにブレークポイントを握られてしまった。しかし粘る錦織が丁寧なラリーを続けてこのピンチをしのぎ、キープした。


そのまま第2セットはタイブレークに突入した。タイブレークの勝率が高い錦織だが、1ポイント目からワウリンカの見事なダウン・ザ・ラインでミニブレークを喫すると、粘りを見せるもワウリンカの前に屈し、ストレートで敗れた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マドリード」での錦織圭
(Photo by David S. Bustamante/Soccrates/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu