ATPニュース

【速報】錦織が第1セットを落とす。好調メドベージェフとの準決勝[ATP500 バルセロナ]

「ATP500 バルセロナ」での錦織

「ATP500 バルセロナ」(スペイン・バルセロナ/4月22~28日/クレーコート)の大会6日目、男子シングルス準決勝で第4シード錦織圭(日本/日清食品)が第7シードで世界14位のダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。第1セットは4-6で錦織が落とした。

両者は過去に3度対戦しており、錦織が2勝1敗と勝ち越している。また、クレーコートでは昨年の「ATP1000 モンテカルロ」2回戦で対戦し、錦織がストレートで勝利。今シーズンすでに24勝とツアーで最も勝利しており絶好調のメドベージェフを破り、決勝進出を果たせるのか期待がかかる。


第1セットは錦織のサービスゲームから始まった。序盤からお互いにサービスゲームをキープしていく。しかし第5ゲームで15-40とブレークポイントを握られた錦織が、ここをしのぎきることができずにブレークを喫し、追う立場となる。


その後もお互いにサービスキープが続き、錦織はブレークのチャンスをつかむことができない。そしてゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームが、メドベージェフのサービング・フォー・ザ・セットとなった。ここで錦織は初めてチャンスを作るが、メドベージェフにしのがれ、4-6で第1セットを落とした。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 バルセロナ」での錦織圭
(Photo by Marc Gonzalez Aloma/Action Plus via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu