ATPニュース

錦織「プレー内容はすごく良い」。同大会3年ぶりのベスト4進出 [ATP500 バルセロナ]

「ATP500 バルセロナ」での錦織

「ATP500 バルセロナ」(スペイン・バルセロナ/4月22~28日/クレーコート)の大会5日目。男子シングルス準々決勝で、第4シード錦織圭(日本/日清食品)が世界104位のロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)を、6-4、7-5で破り同大会3年ぶりとなるベスト4へ進出した。試合時間は1時間53分。

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は試合後のインタビューで「第2セットはとてもタフだった。たくさんのチャンスがあった」「ブレークできなくて、彼もより良いプレーをし始めた。彼には第3セットに持ち込むチャンスがあった。でも良い試合だったと言えるだろう。最後2ゲームでまた良いプレーができて、試合を締めることができた」と試合を振り返っている。


この試合、錦織は立ち上がりで幸先良くブレークで先行すると、以降はチャンスは作れないながらもキープを続け第1セットを先取。


しかし第2セットはカルバレス バエナがより粘りを見せた。錦織は2度0‐40の大チャンスがありながらどちらもブレークすることができなかったが、それでも最後は勝利を掴んだ。


また、錦織は自身のアプリで動画を公開。「今日の試合勝ちました。明日準決勝です。プレー内容はすごく良いので、明日も頑張って決勝に行きたいと思います」とファンへメッセージを贈っている。


錦織は、その準決勝でダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。注目の準決勝は、日本時間27日20時30分開始予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 バルセロナ」での錦織
(Photo by Marc Gonzalez Aloma/Action Plus via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu