ATPニュース

西岡、ダニエル太郎ともに初戦敗退。日本勢男子残るは錦織だけに

「ATP500 バルセロナ」での西岡

■「ATP500 バルセロナ」(スペイン・バルセロナ/4月22~28日/クレーコート)


22日の大会1日目、男子シングルス1回戦。世界70位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が予選勝者の世界25位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に6-4、4-6、2-6と逆転で敗れた。

序盤、積極的な攻めを見せて第1セットを先取した西岡。第2セットは激しい攻防の末セットを落とした。そして第3セット、西岡はブレークのチャンスを得るが活かせず。途中左足に痛みがあるのか、少し辛そうな表情が見られる場面もあり、痛みで集中力が切れたのかその後は押し切られた。


今シーズン1月の「ATP250 シドニー」でも対戦していた、身長170cm、体重64kgという全く同じ体格の両者。その時も西岡がフルセットの末敗れており、残念ながら雪辱を果たすことはできなかった。


そして、世界71位のダニエル太郎(日本/エイブル)は世界61位マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦。ダニエル太郎が2-6、2-6で敗れた。


第1セット、2-2で迎えた第5ゲームから相手マクドナルドに4ゲーム連取され、セットを落としたダニエル太郎。続く第2セット、第4ゲームでブレークを喫しその後も追いつくことができず、初戦敗退となった。


そのほか、世界58位テイラー・フリッツ(アメリカ)が世界59位ライリー・オペルカ(アメリカ)に6-3、6-4で勝利し、2回戦進出を決めた。勝利したフリッツは次戦、第4シード錦織圭(日本/日清食品)と対戦する。


■「ポルシェ・テニス・グランプリ」(ドイツ・シュツットガルト/4月22~28日/室内クレーコート)


女子ダブルス1回戦で、第3シードの二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)がマンディ・ミネラ(ルクセンブルク)/アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦。二宮/スピアーズは6(4)-7、3-6で敗れた。


現在ダブルス世界ランキング27位の二宮。加藤未唯(日本/ザイマックス)とのペアで出場した直近2大会でも思うような結果が残せず。二宮とって3大会連続の初戦敗退となった。


◇   ◇   ◇


【4月22日 主な試合結果】


◆「ATP500 バルセロナ」


男子シングルス1回戦


〇[Q]ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)4-6、6-4、6-2 ●西岡良仁(日本/ミキハウス)


マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)6-2、6-2 ●ダニエル太郎(日本/エイブル)


テイラー・フリッツ(アメリカ)6-3、6-4 ●ライリー・オペルカ(アメリカ)


フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)6-4、6-3 ●[WC]フェリシアーノ・ロペス(スペイン)


マートン・フクソービッチ(ハンガリー)6-4、6-1 ●デニス・クドラ(アメリカ)


◆「ポルシェ・テニス・グランプリ」


女子ダブルス1回戦


マンディ・ミネラ(ルクセンブルク)/アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)7-6(4)、6-3 ●[3]二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 バルセロナ」での西岡
(Photo by Joan Valls/Urbanandsport /NurPhoto via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu