マイページ

ATPニュース

世界48位ラヨビッチ 自身初の決勝へ。メドベージェフをストレートで破る[ATP1000 モンテカルロ]

「ATP1000 モンテカルロ」でのラヨビッチ

「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/クレーコート)の大会7日目、男子シングルス準決勝で、世界48位のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)が第10シードで世界14位のダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。7-5、6-1でラヨビッチが勝利し、決勝進出を果たした。試合時間は1時間35分。

両者は昨年の「ATP250 モスクワ」で1度対戦しており、そのときはメドベージェフが勝利していた。2回戦で第16シードダビド・ゴファン(ベルギー)、3回戦で第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を破って勢いに乗るラヨビッチが、準決勝でも第10シードのメドベージェフを破って決勝へ駒を進めた。


第1セット、第2、第6ゲームでブレークを喫し、ゲームカウント1-5と追い込まれたラヨビッチ。しかし第7ゲームでついにブレークに成功すると、そこから一気に6ゲームを連取して第1セットを7-5で先取した。


勢いに乗るラヨビッチは第2セットの第1ゲームでブレークに成功すると、第2ゲームでのブレークポイントをしのぎ、さらに第3ゲームでもブレークしてリードを広げる。そして第7ゲームでもメドベージェフのサービスゲームを破って6-1で第2セットを連取して勝利を決めた。


両者ともに今回自身初のマスターズ1000準決勝進出を果たしていたラヨビッチとメドベージェフ。3回戦で世界8位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を、準々決勝で世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を撃破して勢いに乗っていたメドベージェフだったが、同じくシード勢を破ってきたラヨビッチに軍配が上がる結果となった。


勝利したラヨビッチは決勝で第13シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニは第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 モンテカルロ」でのラヨビッチ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu