マイページ

ATPニュース

ダニエル太郎 モロッコで敗戦の翌日にモンテカルロ予選出場へ。怪我から復帰の西岡も登場予定

「ATP1000 マイアミ」でのダニエル太郎

14日から本戦がスタートする「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/クレーコート)。同大会への本戦入りをかけ、日本勢としてダニエル太郎(日本/エイブル)、西岡良仁(日本/ミキハウス)が予選に出場予定だ。

ダニエルは「ATP250 マラケシュ」(モロッコ・マラケシュ/4月8~14日/クレーコート)で12日に、準々決勝で世界27位ジル・シモン(フランス)に敗れたばかり。


直線距離で約2,000㎞離れたモナコへ移動して、ほとんど休む暇なく翌日には、試合に臨むハードスケジュールだ。


モンテカルロ予選には、第8シードで出場予定のダニエル。1回戦で世界106位ヤニック・マデ(ドイツ)と対戦する予定で、両者は今回が初対戦となる。


そして一方の西岡は、予選の1回戦で世界103位ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)と対戦する予定。なお、ソネゴもダニエルと同様に「ATP250 マラケシュ」に出場し、準々決勝で敗れている。


西岡は、直近の出場大会である「ATP1000 インディアンウェルズ」の4回戦で、身体の痛みで思うような動きができず、無念の途中棄権となっていた。


その後の4月9日には、自身のTwitterで「長い日本でのトレーニングが終わり、明日からモナコへ飛びます。腰のも良くなりテニスもまずまずです。約2ヶ月近くの遠征になりますが、頑張ってきます!」と、以前につづった通り、モンテカルロ予選で復帰予定であることを報告していた。


なお、ダニエルと西岡の予選1回戦は、共に日本時間13日23時以降に開始予定。本戦出場に向けて、まずは2人の初戦勝ち上がりが期待される。


このほか、同大会の本戦には錦織圭(日本/日清食品)が第5シードで出場し、1回戦は免除。初戦となる2回戦では、世界38位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)対世界50位ピエール ユーグ・エルベール(フランス)の勝者と対戦する予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マイアミ」でのダニエル太郎
(Photo by Michael Reaves/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu