ATPニュース

錦織 初戦は世界38位か世界50位。14日からの次大会ドロー発表[ATP1000 モンテカルロ]

「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織

錦織圭(日本/日清食品)が、出場予定の「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/クレーコートドローが発表された。錦織は第5シードで出場し、1回戦は免除。初戦となる2回戦では、世界38位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)対世界50位ピエール ユーグ・エルベール(フランス)の勝者と対戦することになる。

今大会、2回戦の相手がベルダスコになれば、2017年以来の対戦に。過去戦績は錦織の5勝2敗だ。一方のエルベールが相手になれば、今シーズンの2月の「ATP500 ロッテルダム」以来の対戦となり、錦織の2勝0敗で負けなしとなっている。


錦織は同大会には2年連続3度目の出場予定で、初出場の2012年は3回戦進出。最高成績は2018年の準優勝で、決勝ではラファエル・ナダル(スペイン)にストレートで敗れていた。


今大会、錦織やその他シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第9シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、準々決勝で第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、準決勝で第2シードのナダルと対戦する可能性がある。


クレーコートシーズン最初のマスターズ1000で、まずは初戦の勝ち上がりが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織
(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu