ATPニュース

世界3位ズベレフ 盤石のプレーで2回戦進出。「勝ててとても嬉しい」[ATP250 マラケシュ]

「ATP1000 マイアミ」でのズベレフ

「ATP250 マラケシュ」(モロッコ・マラケシュ/4月8~14日/クレーコート)の大会2日目。男子シングルス1回戦で第1シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が世界104位デニス・イストミン(ウズベキスタン)と対戦。ズベレフが6-4、6-4で勝利し2回戦進出を決めた。試合時間は1時間21分。

現在世界3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、今大会にはワイルドカード(主催者推薦枠)での出場。


そして、ズベレフとイストミンはツアーでは今回が初対戦となった。この試合ズベレフは13本のサービスエースを決め、また1度もブレークを許さず勝利。初戦快勝で好スタートを切った。


第1セット、第3ゲームで先にブレークに成功したズベレフは、このセット1度も相手にブレークポイントを握らせることなく先取した。


続く第2セットでも、先にブレークを奪ったズベレフ。その後、3度ブレークポイントを握られたが、しのいでブレークバックを許さず。そして迎えたサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム。ここを盤石のプレーでキープし勝利を決めた。


ATP(男子プロテニス協会)公式サイトによれば、試合後にズベレフは「これは僕にとって今シーズン初めてのクレーでの試合でした」と語った。


また、同大会には初出場となるズベレフは「勝ててとても嬉しい。昨夜やっとここに着いたが、モナコでよく練習していた。雰囲気は素晴らしく、ファンが僕にたくさんの声援を送ってくれた。モロッコは初めてだが、人が素晴らしい。大会がとてもしっかり整備されていて、ここに来られたのはとても嬉しいことだよ」と語った。


勝利したズベレフは2回戦で、世界60位のジャウメ・ムナール(スペイン)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マイアミ」でのズベレフ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu