ATPニュース

【速報】フェデラーが3大会連続で決勝進出。初対戦のシャポバロフを圧倒[ATP1000 マイアミ]

「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー

「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月20~31日/ハードコート)の大会10日目、男子シングルス準決勝で第4シードロジャー・フェデラー(スイス)が第20シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)と対戦。6-2、6-4でフェデラーが勝利し、決勝進出を果たした。

勝利したフェデラーは決勝で第7シードジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。前年覇者のイズナーはフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を破っての勝ち上がり。


第2セットもシャポバロフのサービスゲームから。第1セットを先取したフェデラーは勢いに乗ろうとするが、気持ちを切り替えたシャポバロフに第1ゲームをラブゲームキープされ、チャンスを作ることができない。さらに第2ゲームで15-40とこの試合初となるブレークポイントを握られた。しかしフェデラーはこの状況でも落ち着いたプレーを見せてしのぐ。


そして続く第3ゲームでフェデラーは0-40とチャンスをつかむと、1本はしのがれたがブレークに成功し、このセットも序盤で主導権を握った。


その後はお互いにサービスゲームをキープする展開が続いたが、第7ゲームでロングラリーを制したフェデラーが30-40とまたもチャンスをつかむ。しかしここはシャポバロフのナイスプレーによってしのがれてしまった。


フェデラーは第8ゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント5-3と勝利まであと1ゲームと迫る。そして第9ゲームで30-0とポイントリードされたところから一気に追い上げてマッチポイントを握ったが、粘るシャポバロフにしのがれ、決めきることができない。


それでもフェデラーのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム、シャポバロフにチャンスを与えないフェデラーがここを取り、6-4で第2セットを連取して勝利を決めた。


これでフェデラーは優勝した「ATP500 ドバイ」、準優勝となった「ATP1000 インディアンウェルズ」に続き、3大会連続での決勝進出となった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー
(Photo by TPN/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu