ATPニュース

フェデラーが19歳シャポバロフとの準決勝に臨む。18歳新星は前年優勝イズナーと対戦

左から順にシャポバロフ、フェデラー、オジェ アリアシム、イズナー

■「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月20~31日/ハードコート)


現地29日の大会10日目。男子シングルス準決勝で、第4シードロジャー・フェデラー(スイス)が第20シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。

ATP(男子プロテニス協会)公式サイトによると、フェデラーは数年前トロントでシャポバロフと練習したことがあるようで「彼は16、17歳だったろうか。今日と同じように彼は激しく打っていて『信じられない。彼は何歳なんだ。どれだけ上達するのだろうか』と思ったよ」と印象を語った。


また、シャポバロフは自身のアイドルであるフェデラーとの対戦について「間違いなくこれまでの人生で楽しみにしていた対戦だ」「このような大きな大会で彼とプレーする夢が叶うよ」と話し、楽しみにしているようだ。


今回が初となる両者の対戦は、日本時間30日午前8時以降に開始予定だ。


もう一方の準決勝では、予選勝者の世界57位フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)が第7シードジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。両者は今回が初対戦。


2月の「ATP500 リオデジャネイロ」で、自身初のツアー決勝進出を果たした18歳新星オジェ アリアシム。今大会では、第11シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)や第17シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)といったシード選手を破り、初のマスターズ1000ベスト4進出。


対戦相手のイズナーは2018年同大会優勝者。208cmの長身から破壊力満点のサービスを叩き込むビッグサーバーで、今大会準々決勝では24本のサービスエース記録している。


オジェ アリアシムがトップ10イズナーに対してどのようなプレーを見せるか。試合は日本時間30日午前2時に開始予定。


男子ダブルス準決勝では、第1シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対第3シードのボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)の試合が再開される。


この試合は現地28日に行われたが、雨のため第1セット2-2の時点で中断。その後翌日に持ち越しとなっていた。


■「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月19~30日/ハードコート)


大会11日目、女子ダブルス準決勝。第6シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)が第8シードのチャン・ハオチン(台湾)/チャン・ラティーシャ(台湾)と対戦する。


ストーサー/シューアイは、今シーズン1月の「全豪オープン」で優勝。ハオチン/ラティーシャは、1月の「ホバート国際」、2月の「カタール・トータル・オープン」で優勝を果たしている。


一方で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)/アシュリー・バーティ(オーストラリア)はエリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)との準決勝に臨む。


◇   ◇   ◇


【3月29日の注目ドロー


◆「ATP1000 マイアミ」


男子シングルス準決勝


[4]ロジャー・フェデラー(スイス)対 [20]デニス・シャポバロフ(カナダ)


[7]ジョン・イズナー(アメリカ)対 [Q]フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)


男子ダブルス準決勝


イバン・ドディグ(クロアチア)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)対 ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ステファノス・チチパス(ギリシャ)


◆「マイアミ・オープン」


女子ダブルス準決勝


[8]チャン・ハオチン(台湾)/チャン・ラティーシャ(台湾)対 [6]サマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)


[WC]ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)/アシュリー・バーティ(オーストラリア)対 エリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は左から順にシャポバロフ(Photo by TPN/Getty Images)、フェデラー(Photo by Al Bello/Getty Images)、オジェ アリアシム(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)、イズナー(Photo by Al Bello/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu