マイページ

ATPニュース

フェデラー、世界7位アンダーソンに圧勝でベスト4入り。女子はハレプが同大会初の決勝進出ならず

「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー

■「ATP1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月20~31日/ハードコート)


現地28日の大会9日目。男子シングルス準々決勝で、第4シードロジャー・フェデラー(スイス)が第6シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。6-0、6-4でフェデラーが勝利し、ベスト4進出を果たした。

フェデラーは、ビッグサーバーのアンダーソン相手に6-0でセットを先取する圧倒的な強さを見せた。なお、今回の勝利でアンダーソンに対し6勝1敗とした。


敗れたアンダーソンは、1月の「全豪オープン」で右肘を痛め、今大会で約2ヶ月ぶりに実践復帰。初戦となった2回戦はフルセットの末勝利、3・4回戦はストレート勝利での勝ち上がりだった。


もう一方の準々決勝では第20シードデニス・シャポバロフ(カナダ)が第28シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)と対戦。シャポバロフが6(5)-7、6-4、6-2で逆転勝利を収めた。


21歳ティアフォーとの若手対決を制した19歳シャポバロフは、準決勝でフェデラーとの初対戦に臨む。


■「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月19~30日/ハードコート)


大会10日目、女子シングルス準決勝。第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦。5-7、1-6のストレートでハレプが敗れ、自身初の同大会決勝進出はならなかった。


ハレプは今大会決勝に進出すれば、4月1日付けの世界ランキングで大坂なおみ(日本/日清食品)を抜き1位に返り咲くことが決まっていた。しかし、過去ハレプの7勝2敗だったプリスコバに、この試合5度のブレークを許し敗れた。


一方、勝利したプリスコバは決勝で、第12シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。


◇   ◇   ◇


【3月28日 主な試合結果】


◆「ATP1000 マイアミ」


男子シングルス準々決勝


〇[4]ロジャー・フェデラー(スイス)6-0、6-4 ●[6]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)


〇[20]デニス・シャポバロフ(カナダ)6(5)-7、6-4、6-2 ●[28]フランシス・ティアフォー(アメリカ)


◆「マイアミ・オープン」


女子シングルス準決勝


〇[5]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)7-5、6-1 ●[2]シモナ・ハレプ(ルーマニア)


〇[12]アシュリー・バーティ(オーストラリア)6-3、6-3 ●[21]アネット・コンタベイト(エストニア)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 マイアミ」でのフェデラー
(Photo by TPN/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu