ATPニュース

ジョコビッチが急遽サンプラスとペアを組みダブルスマッチ。「自分のアイドルと同じコートをシェアするなんて感激だ」

ジョコビッチ(左)とサンプラス(右)

「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~17日/ハードコート)大会10日目。この日の目玉としてラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)の準決勝が予定されていたが、ナダルが右膝の怪我で試合前棄権を申し出たため、二人の39回目の直接対決はお預けになった。

大会公式サイトによると、ナダルは「ウォームアップをしたときに、膝が準決勝を戦うのに必要なレベルにないことを感じた」とコメント。「ATP1000 マイアミ」も欠場し、4月14日に開幕する「ATP1000 モンテカルロ」での復帰を目指すとのことだ。


会場にはもちろん多くの観客が集まり、ナダルVSフェデラーを楽しみしていた。お目当てのカードは実現しなかったが、それでも大会側が急遽組んだエキシビションマッチに観客も沸いた。


急遽組まれたのは、現在世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と元世界1位のピート・サンプラス(アメリカ)のペアと、元世界2位のトミー・ハース(ドイツ)と元世界1位のジョン・マッケンロー(アメリカ)のペアによるダブルスマッチというとても豪華なもの。


試合は途中終始和やかに進んだが、最後はハース/マッケンローのペアが4‐3(4)で勝利を収めた。


ジョコビッチは試合後のインタビューで「自分のアイドルと同じコートをシェアするなんて感激だ」と語っている。


(テニスデイリー編集部)


※写真はジョコビッチ(左)とサンプラス(右)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu